和歌山レスキュー その③

さて、いよいよレスキュー当日。

現場に入るなんて、あんまりみんなが進んでしたいとは思わない作業でも、

当日お手伝いにきてくれたWさん、黄瀬さん、しんさん!本当にありがとうございます!

みんなチャキチャキと動いてくれて、大阪到着の予定時刻までに現場を離れることが出来ました。ありがとうございます!

レスキュー当日はみんな居るし、お昼だし安心(о´∀`о)

みんな怪我なく、トラブルなく家に帰るのが目標。

犬達が居る家は、オーナーさんも住んでいて来客などもあるご家庭です

入ってすぐに、犬達のご飯

自由に食べてれ居るし、お水も綺麗に飲めるようにはなってます。そのおかげか、みんな丸々としていて痩せてる子はいないです。

衛生的とは言えない環境。玄関のドア開けた途端に臭う強烈な臭い。

吠えまくる犬の声。

ご飯の側にもうんちあり。

二間続きで、オスメスフリーで飼ってました。

前回犬に会えてないだけに、犬達がどんな状況か?

健康面はどうなのか?

噛む子はいるかどうか?の情報も一切なし。
犬達がいる場所はブルーシートとダンボールが敷き詰められていました。わたし、オーナーさんと交渉と書類契約中犬達が8匹居るのがわかりますか?

この子達を全員連れ帰ります。

残りの1匹は、夜に来た時に会った男性の方が連れ帰っているとのこと。

基本的には全頭レスキューなので、継続して妥協点をさぐりながら、交渉する予定です。


連れ帰れたのはこの8匹

みんな初めて来た私たちにも触らせてくれる良い子達です。

あくまで、人に飼われている子達なので、全身うんちおしっこは付いたりしているものの、フェルトの鎧状態の子はいなかったです。

高齢のダックスの爪は長くなり、床に曲がって付いてました。後ろ足は伸びた爪が肉球に刺さっていました。
悪意はなくても、犬達のこういう状況に気がつかないのは、どうなんだろう。。。

犬達が1番辛い、痛い思いをするんですよね。。。

飼い主次第で、犬の運命が変わります。

広い家じゃなくてもいい、いつも豪華なご飯じゃなくてもいい、常に側にいなくてもいい、

愛があって、犬達のことを考えてくれて、しっかり様子をみてくれる。

それを命続く限り、続けるだけの話。

たったそれだけのこと。

それを十数年間できる覚悟やできる環境にない方は、

命を迎えないのも、一つの愛だと思います。

 

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

関連記事一覧