死んでてもおかしくなかった鉄郎

赤ちゃんで捕獲されて生き抜いてきた奇跡の子!

書類上「ん???」と思うことがあって、今日問い合わせしたんです。

わたしは、捕獲したその日に連絡をもらって、その日のうちに迎えに行った。

と、思ってた。

8/2に迎えに行って連れ帰ってるのに、7/29にフロントラインスプレーを収容施設でしてることになってたんです。

この8/2に何故気がつかなかったかというと、迎えに行ったのに、すぐに引き渡してもらえなかったんです。

こちらも当日に行かないと、明日には死んでしまうかもしれないと思って、当日のスケジュールを無理して変更して迎えに行ったのに、

今までそんなこと言われたことない理由で渋られて、許された時間を大幅に超えてもずっと連れ帰れるよう交渉していたので、

鉄郎とメーテルをバリケンに入れて、書類にささっとサインしたら、大急ぎで戻ってきたので、その時はゆっくり書類に目を通せれなかったんです。

で、収容された日以前にフロントラインスプレーをしてるのがわかって、やっと電話できたのが今日。

書類の記入ミスかと思ったら、違った。

7/29に捕獲されてた。

乳飲み子でお母さんのお乳を数時間毎に貰わないと死んでもおかしくない生後数日〜数十日なのに、

8/2までの5日間、17:00〜9:00まで不在になるセンターにいたということ。

もしかしたら、職員さんが連れ帰ってミルクあげてくれてたのかもしれないけど。まだ確認できてません。

そして、その7/29〜8/2までの5日間は、わたしの家から車で10分ほどの箕面分室にいたのに、

8/2にアニマルハーモニー(羽曳野)に移動して、その日のうちに連絡もらってわたしは羽曳野まで、片道高速で1時間の場所まで迎えに行ったんです。

わかります?この無駄だらけのやりとり。

7/29の捕獲された時点で連絡もらって、迎えに行かせてもらえてたなら、

5日も生きるか死ぬかの夜放置で昼もまともに見てくれてるかどうかわからない環境にいなくて済んだのに、

長時間の移動のリスクも無くせたのに、

車で10分のすぐの所に迎えに行けたのに、

高速代、ガソリン代、余分にかからなかったのに、

それもこれも行政施設の

「捕獲したら一定期間置いとくルール」

「収容された子はアニマルハーモニーに移送するルール」

があるからです。

命のために臨機応変って無いのかな?

この鉄郎とメーテルは生き抜けれたから良かったけど、もし死んでたとしたら、行政の説明は、

「収容中に亡くなった弱ってた子」と、説明されます。

そう聞かされた方は、『そっか、弱ってたら仕方ないよね』となりがちだけど、、、。

よく考えて、言葉をそのまま受け取らないで。

そのルール縛りが弱らせてんねん。弱らせるような管理の仕方をしてるねん。

その子の命を救おうとするよりも、ルールが大事になってるこの現状。おかしくない?!

命を救う為のルールになってないんです、何のためのルールなんや!

これは、行政に夜通し泊り込めミルクあげろ!って言ってるのではなくて、こちらがやるから連絡して。と言ってるんです。

行政で出来ないことは愛護団体でフォローするよ!だからお互い連絡とって助け合って行こうね!職員さんだって殺したいわけじゃないですよね?

って言ってるのに。

連絡、電話1本何故出来ないのか。

この子達は、そんなオトナの事情にも屈することなく生き抜いて育ってくれた強い子!

絶対、幸せになってほしい奇跡の子!

もしかしたら、同じ腹の子で捕獲された兄弟がいたけど、その間に亡くなってるかもしれない。それは教えてくれないからわからない。(なんせ秘密が多いねん、アニマルハーモニーは。)

そんな奇跡の子、鉄郎は「つー」という名前をもらってさんしにーやん(右)ファミリーに迎えてもらいました(^^)

ここからは、絶対人の事情に左右されない幸せいっぱいの人生になるからね!

ステキなスポーティ家族に迎えてもらうことが出来ました(^^)将来はムキムキやな!

鉄郎もメーテルも無事に里親さんに迎えてもらうことが出来ました。

ほんと、このパピーレスキューは始まりからドタバタでしたが、一件落着。

ただ、今後同じことがあって命が落とされる事がないように、行政と交渉していくのが、ほんっとにストレス。

そもそも、わたしは命に重きを置いて話ししてるから、ルール重視の行政の人とは話が噛み合わないんです。お互い平行線なんだけど。

本来の形は、ルールは命を救うために沿って作られるべきなんですよね。

大阪府民の税金は『ルール重視のアニマルハーモニー』と『命を救う生かすためのアニマルハーモニー』どちらに使ってほしいですか?

府民の皆さん、もっとやれる事あるよ!

こんなわたしのような若造一人で意見言ってるよりも、政治家の皆さんが動いてくれるとほんと早いんですよ!

のんびりしてる間に、何匹も何十匹も殺処分されたり収容中死亡扱いになるのは、わたしは嫌だ。

 

 

 

チャリティグッズ購入での支援

オリジナルTシャツなどのグッズ購入で、はぴねすDOGの支援ができます。HAPPINESS☆SHOPでの収益は、NPO法人はぴねすDOGの運営資金となります。

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

関連記事一覧