陽葵について


陽葵ちゃん、推定12才 4,2kg 女の子です。…でも、なぜかタマタマらしきものついてます

良性の腫瘍だそうです。
「ワタチ女の子やから来月手術して取ってもらうねん」

「アンヨ曲がらんかったけど、はぴフェスでアロマセラピーでマッサージしてもらったらちょっと立てるようになってん」

先日の陽葵(ひなた)ちゃんのブログについて、

先日のブログはこちら

多くの励ましのメッセージや、応援のエール、そして、暖かいお気持ちのご寄付をたくさん頂きました!

本当にありがとうございます。

はぴねすとしては、レスキューした犬達には最低限の健康チェックや痛みを除いたり、病気を未然に防いだりなどはしてあげたいところです。健康で麻酔できそうであれば去勢不妊手術も。

もちろん、その費用は全てはぴねすが負担します。病気がある子や、なかなか迎えられにくそうな子は、金銭難な今の状況では本当に厳しい連れ帰りの判断なんです。

それでも救いたいと思ったので、連れ帰りました。

 

前回のブログについて、たくさんの質問がありましたので、お答えします。

Q.行政とはどこの事か?

A.場所を特定される書き方は、その行政から禁止されているので、行政という書き方にしています。行政からすると、保護団体がそこから引き取った犬を理由に寄付を募ることを防ぐ為だそうです。

Q.どこの行政施設も施設もキットもあるのにしてないのか?

A.すみません。他府県はわかりません。わたしが出入りしていたのは主に1箇所で、そこでは施設が新しくなりその時に設備や機材なども導入していますが、現段階であまり有効活用されていないようです

Q.陽葵だけの事なのか?他の犬にも血液検査や他の検査などの健康チェックはしないのか?

A.以前は設備などがそもそもなかったので、出来なかったのですが、今の行政施設になってから1年と3ヶ月経ちますが、ほぼ血液検査、その他の健康チェックはされていません。行政の説明は、「血液検査はしている」との事ですが、これは「フィラリアが陽性か陰性か?」だけの検査です。フィラリア陽性なら一昔前なら即処分にしていたので、そのフルイにかけるための検査です。合わせて、「明らかに不健康な子や高齢な子には血液検査をする」と言っていましたが、明らかな不健康な子は陽葵のように処分判断になります。

 

なんか、行政とのやり取り…ほんまため息出ますねん。

 

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

関連記事一覧