悲しみのどん底からの大逆転

項垂れてたアカラス3兄妹のうち、一番最初に連れ帰った、たいく

 

 

 

 

 

 

 

出会った頃は、こんなにどよーーん。ってしてました。

悲壮感漂うって、こういうこと。。。

目は虚ろだし、ガリガリ、猫背で、全身赤くて痒いし、異様なアカラス独特の匂い。

預かりさんのお住い規約的にも小さな子、メスは決まりやすいからとオスのたいくを連れ帰る事にしました。

その判断は後々とても正しくて、キドニーを預かってくれている方は、多少大きくても大丈夫だけど、男の子希望ということでキドニーを。

メスで体が小さい子なら迎えれると仰ってくださった、里親さんに、モアナを迎えてもらいました。

最後に残ってたのがたいくかキドニーだったら、まだ連れ帰れて無かったかもなんです。未来の事を考えながらも連れ帰るワンコを決める時もあります。

そんなたいくも、預かりさんの温かい愛と献身的な皮膚と貧血のケアにより

 

 

 

 

 

 

こんなにもだんだんとよくなってきました!貧血も改善してきて栄養あるご飯をたくさん食べてたからか、みるみる大きく成長してこんなにキリリとしたお顔に( ´∀`)耳の立ち具合は自信の表れか?!笑

 

 

 

 

 

 

 

そんなたいくは正式譲渡になりましたー!わぁー、歓迎してくれてる!ありがとうございます、お兄ちゃん!

もぅたいくは新しい「とと」という名前にもすっかり慣れて、お兄ちゃんとマブダチ(死語?)になってました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊ぶとととお兄ちゃん( ´∀`)

部屋の中をととと走り回ってお母さんに怒られたり、お兄ちゃんが学校行ったら1時間くらい玄関で切なそうにしていたり、朝も早くから起きてお父さんと一緒に散歩してくれてます。

 

 

 

 

 

 

 

本当に頼りになるしっかりお兄ちゃん( ´∀`)に要領のいい空気読める系弟のとと( ´∀`)2人とも優しく仲良くそのまま成長してね!

お母さんが仕事中の時には一切邪魔せず、休憩モードになると、そっと近くに寄ってくる出来る生後7ヶ月!出来る男とと^_^

 

 

 

 

 

 

ワンコ飼われたことないご家庭だったのですが、完全にとと中心の生活!トイレしたらお兄ちゃんが替えて、シャンプーや耳掃除はお父さんがしてくれて、毎日のご飯などはお母さんがしてー、と家族全員でととのお世話をしてくれてます。

耳も汚れがなかなか無くならないし、皮膚のケアも継続して必要、こまめに病院に通う事もしなくてはいけません。

その辺はいつものお世話に加えて、人への負担がある事ですが、しっかりやってくださってることが嬉しくて、嬉しくて。。。

もう、ととは絶対的な幸せと暖かいご家族様とご縁がありました。本当に応援してくださった皆様、気にかけてくださって支援物送ってくださった方、細かくケアしてオゾンなど使わせてくださった一犬猫病院様、そして何より迎えてくださったW様、

本当に皆様ありがとうございます。

帰りに大目に譲渡費用をくださってお気持ちとさせて頂きました。物入りですが、こちらの保護っ子を気にかけてくださりありがとうございます。

  1. これからも頑張りますので、ととを末長く宜しくお願いします。

 

 

 

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

関連記事一覧