エポシーはonlyエポシー

先日 乳腺腫瘍と避妊手術を終えたエポシー。
なんとなんと!55針の大手術!なのに本人至って元気です。

そんな話を友人にして術後の写真を見てもらいました。(写真は一番下に載せます。モザイク掛けてますが痛々しいので苦手な方はスルーして下さい)

そして、
「こんなたくさん縫った子を誰が飼ってくれるの?」
「なかなか無理なんじゃ無い?」
「難しいよねぇ」と(もちろん悪気無く、率直な意見として)言われました。
乳腺腫瘍を取ったら、避妊手術をしたら普通の子って信じ込んでた私の頭は真っ白に。

保護犬で黒のトイプー、エポシーと同じ様な大きさ、性格、顔立ち… 探したら居てると思います。
同じ条件ならやっぱりこんなにもお腹を切った子は不利なのかも…
だけど繁殖犬だった事がエポシーが存在していた理由。
エポシーが悪くなくても手術した事がエポシーの条件になってしまう。

エポシーの過去も未来もお腹の傷も全部『エポシーだから』と受け入れて欲しいと切に願う仮母です。

そんなエポシーにとりあえずだけでも、顔見るだけでも、抱っこするだけでも、16日オルボ譲渡会に会いに来てください!







術後写真出てきます。
苦手な方はスルーして下さい











 

今後の譲渡会情報

240616_オルボ

240630_愛護センター

240630_愛護センター02

240608_COCOMO

2407_PEPPYCAFE


 

寄付のご案内

 

チャリティグッズ購入での支援

オリジナルTシャツなどのグッズ購入で、はぴねすDOGの支援ができます。はぴねすSHOPHAPPINESS☆SHOPでの収益は、NPO法人はぴねすDOGの運営資金となります。

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

お問合せ里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

関連記事一覧