マロの生活はこんな感じです^^

こんにちは(^ ^)

マロの預かりボランティアをしておりますervaです。
本日はマロが普段食べているご飯や、何にどのくらいの費用が必要なのか?(ペット保険会社の平均データ)をご紹介します!

↑僕のおもちゃ渡さないよ〜

■まずはマロが毎日食べているものです!
「犬丈夫」というドッグフードを食べています。

防腐剤(酸化防止剤)や着色料はもちろんのこと、食いつきをよくする香料、下痢止めの役割をする添加物、発泡剤・増粘安定剤などが一切入っていないフードです。
お値段は1.25kg/4780円です。
歳を重ねているマロには少しでも長く健康でいて欲しいので、体に良いものを食べてもらっています^ ^

■次にわんこにかける年間支出調査というデータをご紹介します!
ワクチン注射やトリミングなど、年にどのくらいの費用をかけているのかの統計です。

犬・猫それぞれについて、病気の治療費やフード代、トリミング料といった各項目にかかる費用を調べたところ、犬では338,561円(前年比110.4%)、猫では164,835円(前年比103.9%)と犬猫ともに昨年よりやや増加しました。

↑ペットにかける支出調査2020から引用しました。
https://www.anicom-sompo.co.jp/news/2020/news_0210323.html

マロのミニチュアダックスフンドという犬種の診療代は年平均63,207円だそうです。
犬種だけではなく、高齢になれば診療費も多くなりがちですよね。

診療費がかかるからと言って、飼いにくい犬種と言えるのでしょうか。必ずしもイコールとは言えません。もちろんお金がかかるということは、金銭面で家計への負担となることは事実です。しかし、そもそも犬を飼うなら金銭面はある程度の備えをした上で迎えるべきです。もしもに備えて、ペット保険に加入しておくといった診療費への対策をしておくこともできます。

↑犬との暮らし大百科から引用しました。

飼育費用の項目別にみる犬種ランキングを発表! 診療費がかかるのはどの犬種? フードやトリミング費用などもご紹介!

確かに、わんこも人と同じように大事な家族ですよね。
マロもそんな風に思っていただける、素敵なご家族様とのご縁がありますように!

↑ぴょんぴょん跳ねるマロ!

それでは、よい週末をお過ごしください♪

 

 

チャリティグッズ購入での支援

オリジナルTシャツなどのグッズ購入で、はぴねすDOGの支援ができます。HAPPINESS☆SHOPでの収益は、NPO法人はぴねすDOGの運営資金となります。

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

関連記事一覧