プンプン爺さん生存報告

こんばんわー
じいさん、ウチに引っ越して約2か月になろうとしています。

元気かどうなのか?見る人によって分かれると思うのですが、
私は前の預かりさんから、文字通り抱っこで“受け取った”ときに、「わー思ったよりヨレヨレやん!」って言いました。でも看取りの最後のお世話かといわれるとそうでもない。
オカンに「あんた、大阪のプンじいちゃん悪いからお見舞い行ってあげや」って言われて、もう余命短いんかなと思って行ったら、ぼちぼち歩いてるしご飯も一人で食べてるし「なんや、じいちゃん元気やんか!」って言う感じですかね~

来て早々、食欲なくなって、前の預かりさんに相談したりしてるうちに、ある朝床に薄赤い液体が点々と(>_<)
下あごが大部分無く、唾液がうまく飲み込めないことから喉の唾液腺にたまってコブみたいになっているのですが、それがぱっくり破れて(先生いわく、菌が入ったかなーとのこと」。喉元になかなかグロい開口部が当分ありました。今はそれもふさがって、体調も良好(あくまでも本人比ですが)

登りやすく斜めにしてあげたら、ビーズクッションにも上れます。

首元が患部だったので、こすれないよう首輪もなしでマッパ状態

トイレは外派とのことだったのでベランダでしてましたが、先述の傷があるときにふらついてシッコの中に転んだりしたので、マナーバンドにしていました。
が、いつも同じ場所(リビングからいちばん離れた部屋)でウンチするのでペットシーツ敷いてみたら、今や9割の成功率。いくつになっても何かを始めるに遅すぎることはない!と嬉しくなりました。そう、あなたも私も!


喉がよくなったら、こんどは皮膚が悪化(>_<)
すごくかゆそうなのですが、後ろ足が不自由なので勢いよく掻くことができず、家具の角やカゴのざらざらしたところで掻くという技を駆使しています。
もともとずっと悪かったそうで、バリア機能や抵抗力なんかも落ちてるんですかね。。。

片目見えず(眼球あるけどもうしぼんでる感じ)脚が不自由で引きずって歩く姿が、亡くなる前の私の父と同じで、娘にも「じいじい」って呼ばれています。

この状態の犬を、迎えてくださる方は稀だとは思ってます。
でも、今のところ、一人でご飯も食べられるし排泄もできる。留守番もできる。
かわいそうなおじいちゃん、、、というより毎日何かしらクスっと笑わせてくれる天然じいじ。
帰宅して、ヨレヨレの足取りでお迎えに来てくれると嬉しいですよ!

9/6日曜の譲渡会@COCOEには参加しようかな?と思ってます(じいの体調にもよりけりですが)
ハンドメイド商品なども販売していますので、お立ち寄りくださいませ。
________________________
【ネットショップからのお知らせ】
ハンドメイドの犬服や、新柄のマナーポーチ、マスク、マスクケースなどアップしました。
よければご覧くださいませ~
https://happinessdog.thebase.in/

 

 

チャリティグッズ購入での支援

オリジナルTシャツなどのグッズ購入で、はぴねすDOGの支援ができます。HAPPINESS☆SHOPでの収益は、NPO法人はぴねすDOGの運営資金となります。

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

関連記事一覧