今、力を入れてしていることVol.1

昨年…いや、一昨年から考え動き出していた、未来の保護を見据えたプロジェクト。

保護活動してて心底わかってはいたのですが、目の前の可哀想な犬達を救うだけじゃダメなんです。

目の前の子は救いつつ、もっと先の先、未来を見据えた活動をしていかないといけないと身にしみて感じてます。

どういうことか?というと、

ー保護活動に携わる人を増やす

ー保護犬を迎える人を増やす

ー保健所から保護活動しやすくする

ー飼育者の終生飼育もしくは後継人は譲渡の意識向上

ー劣悪環境で飼育される動物への指導勧告

ざっくりまとめると、保護活動する人を増やすことで、少人数に負担がかからないようにする。活動する人がふえるということは、保護犬を迎える人が増えます。活動する人も保護犬を迎える人も増えるという事は、保健所とより良い関係で引き出しやすく身近な保健所であるようにしとく必要がある。

持ち込まれたり、捕獲される動物が減るように、最後まで飼うこと万が一飼えない場合は予め後継人を決めることを決定しておく。もしこれで、万が一後継人が迎えれなかったとしても、保健所が処分の場ではなく譲渡の保健所であるようにしておく。

収容が減り、譲渡が増えたら、じゃあ保健所無くなるか?というかと言うと、そうではなくて。仕事が減った保健所が次に着手するのは、一般飼育で劣悪環境で飼育している飼い主への指導と改善、パピーミルなどへの徹底的管理と指導勧告など。

ここまでいけば、本当に理想に近いペット業界になると思います。

その先の理想に向けて今力を入れているのは、保健所へのアプローチ。

2017年8月に素晴らしく大きく綺麗で、設備もスタッフも備わったアニマルハーモニー(大阪府動物愛護管理センター)が設立されましたが、

まだまだ私たちにも犬達にも寄り添っているとは程遠い施設になってます。

それを1つ1つ改善してもらっていくことを今力を入れているんです。

こんな若造が1人で嘆願したり意見陳述したところで聞く耳持たずにあしらわれてました。

昔は(アニマルハーモニー以前)設備もなく、収容数もかなり多かったので、目の前のことで精一杯でしたが、今は全くそんなことも無く、殺処分0に近くできるはずなんです。

昨年の8月に提出した請願書の回答が、2019年1月11日に手渡されました。

たった9つの要望項目の返事が5ヶ月後でした。さぞ身のあるお返事にしてくださってるのかと思いましたが、返事はそれぞれ2〜3行でした。

え?なんで5ヶ月もかかったん?

それを全て皆さんにも知って欲しいと思い、連載としてお知らせさせてもらいます。

[要望1]子猫のミルクボランティアに子犬も含める。若しくは子犬の譲渡を可能にしてください。

詳細ー昨年の6月くらいだったと思うのですが、子猫のミルクボランティアを募集されていたんです。子猫のみ、子犬対象外です。なのに、平成29年度には、子犬捕獲15匹、子犬引き取り5匹に対して、子犬の譲渡が3匹のみなんです。17匹どうしたん?まさか処分されたのか?17匹も繰り越してるわけないのはわかってます。

処分された理由を尋ねると「乳飲み子だったんじゃ無いかな?」とのこと。ならこのミルクボランティアに子犬も含めたら17匹は助かってた子犬達ですよね?

という事で、この要望を出したんです。今まで子犬は希望者さんが多く待っていることもあり、はぴねすは出番じゃないと引き出させてもらえてなかったんです。そう言われてたのにも関わらず17匹も処分してるとわかった時には本当に怒り狂いました。

[回答]子犬につきましては、府での収容数が少ないこともあり、個々の子犬の状況に応じて、団体や個人への譲渡を行うこととしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

との事です。

そもそもわたしとしては、譲渡が行われていなかったから怒り狂ったわけなのですが、あくまで『団体や個人への譲渡を行うこととしています。』んだそうです。

↑コピペがエンドレスです。

今後は、本当に!真面目に!

乳飲み子で1泊置いといたら亡くなってしまうかもしれない赤ちゃんの場合はその日のうちに連絡もらえること、飢餓でガリガリに痩せている子犬も家庭でケアしっかりすると回復する子がほとんどです。収容期限を待たずに連れ帰れるようにしてもらうことなどを約束してもらいました。

こちらとしては、連絡を必ずしてくれるのを信じて待つしかないのですが。

連絡も無く処分されてしまった、29年度の17匹の子達のようなことは二度とないように。。。と祈っています。

もし二度目があったら、大阪府の愛護センターはほんま終わってると思う。

また次の要望は次の時に。

暗いネタになっちゃったけど、明日はイベント!!

辛くなること、頭にくることあるけど、前向きに頑張ります!

吹田市千里山東1-18-8

 

ワンコ達がお待ちしておりますー!

 

 

 

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

関連記事一覧