子猫育成サポーター募集してます。

 

 

 

 

 

 

 

↑アニマルハーモニーが募集していますので、質問などはアニマルハーモニー まで御願いします。

もし、ニャンコが好きで、乳飲み子預かれる方いましたら、応募御願いします。応募期限は8/20までです。

 

大阪府からすると、やっと進んだ素敵な制度!これ自体をする事には大賛成!

はっきり言うと、これだけじゃ…足りない。

この制度すぐに成り立たなく無くなるか、打ち切られるか、下手すれば…余計に野良猫が増える事にもなり兼ねない?!です。

まず、大阪府に在住の方のみで20組限定(この先増やすかどうかは未定)

仔猫のいるシーズンは3月から9月末くらいが多いです

1世帯に4〜5匹預かったとして、80〜100匹

そのうち2割ほどが人の努力とは関係なく成長できずに亡くなったとしても、1クールで60〜80匹程成長したとします。

ミルクボラなので、仔猫が自らご飯食べて成長出来るまで(上の募集要項には6週間と書いてますね)のボランティア。

その期間が終われば、基本的にはアニマルハーモニーに仔猫を返して、次の乳飲み子のお世話になると思います。

3月から9月末くらいまで、3クールするとします。

シンプルに60〜80×3クールで

1年に180〜240匹アニマルハーモニーに戻ります。

お話伺うと、行政的にはその預かってもらってるうちに、ほぼミルクボラの家庭から、里親さんが見つかることを期待してるみたいです。(この件、また後から触れます)

それが譲渡を多く見積もって、半分になったとしても

100匹前後の成長した猫が血液検査せず、去勢不妊せずで戻されます。

それが何年も何年も。

ちなみに、8月頭今現在で20匹もいない猫のお世話と20匹ほどの犬のお世話に実際に犬のお世話をする職員さんてんてこ舞いです。

 

もし、ミルクボラさんが気に入ってくれて仔猫を迎えてくれたとすると、

ミルクボラ辞める懸念がありますよね。

元々20組限定なのに、それ以上に減ります。

もし(パート2)、ミルクボラさんの知り合いとかで迎えてくれる人がいるとします。

それは、ミルクボラさんからの譲渡なので、譲渡判断は基本的にミルクボラさんの判断だと思います。

もし、ちゃんと適正に譲渡判断すると、なかなか迎えてくれる方も見つけにくいかも。

譲渡判断を緩めて、どんな人にも譲渡しちゃう方があるとすると…

仔猫の時に渡して、早々に血液検査やエイズ検査してくれるか?

時期が来れば去勢不妊をしてるか?のフォローできるか?

もし、しなくて…室内室外自由にして飼う方が居るとすると、近所で新たな仔猫が生まれまくる。

とんでもなく、エンドレスですよね。。。

しかも、一般の方に譲渡を任せちゃうのは、猫の虐待につながらないと良いのですが。。。

なんぼ、仔猫ミルクボラだけ頑張ってても無理なんです。

アニマルハーモニー へ戻ってくる猫達の適正な飼育が出来るかどうか?

譲渡先へのフォローアップの不安定さ。

わたし的には、大丈夫かな?と思っちゃいます。

せめて、せめてよ。

ー仔猫に関しての血液検査と去勢不妊すること。

ー今のうちから、譲渡フォローの対策と里親募集始める検討

ー地域ローラー作戦TNRを行政率先

を同時進行でしないと!

以上の事をアニマルハーモニー に質疑、提案したところ。

「そうなってから考える」との事。

おぉ、、、呑気か?!という、朝イチの心からのツッコミ!

 

 

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

関連記事一覧