犬の里親募集~関西・大阪で犬の保護活動を行うNPO法人 はぴねすDOG

menu

NPO法人 はぴねすDOG

独自の保護活動?!

最近ご機嫌ナナメなことが多いイトちゃん、絶賛募集中です!

そんなイトでも幸せになる権利はある!里親さんに繋がりたいと思いますので、シェア拡散大歓迎です。

今日はわたしの保護犬に対する考え方を少しだけ。

保護活動を始めるにあたって、アドバイスなどはもらいましたが、どこかに所属して手取り足取り学んだわけでは無いからかも知れないのですが、わたしなりの考えを。

もちろん賛否両論あると思いますので、わたしの考えが正解でも無いですし、わたしの考えが間違ってるとも思いません。

独自のやり方がこれなだけ。

まず、犬達の変なネーミングについて。

ウルピコ太郎とか、ぴょんちゃん、オリンピ君とか。

もちろん、みんな幸せになってます!ご心配なく!

わたしは正式にご家族様が決まってからちゃんと名前をつけてもらえると思うので、元々呼ばれてた名前を尊重して名付けるようにしています。

ウルピコ太郎は元々うる吉と呼ばれていたので、ウルを取りました。

おかーちゃんは、某所でおかーちゃんと呼ばれていたのでそのまま。

イトも宮崎のカオさんが呼んでた名前をそのままイトで引き継ぎました。

その上で、似通った名前禁止をしているので、(電話対応で、何度サリーをサニーと聞き間違えてぬか喜びしたことか。。)

以前に似た名前の子が居たら名前を少し変えるようにしています。

その場合のわたしのネーミングセンスったら、、ありゃしない。の件について、

我が家に来るのは大概

地味だったり、見た目の可愛さが…だったりちょっと問題ありだったり、口が出たり高齢だったり、

要はなかなか率先して迎えてもらうことが難しい子達が来ます。

それはそれで良いのです、某所から誰も迎えてくれなさそうな子をレスキューする事ほど、やり甲斐のある保護活動はありません。

その次のステップ、「里親さんに繋ぐ」の工程をどのように多くの人に見てもらえるか?にかかっています。

例えばよく居そうな子が来た時に、ブログや見てくれた人の脳内に残る衝撃が欲しいんです。

変わった名前をつけることで、「寄り目のよりこ」とかどんな名前やねん「ウルピコ太郎」って!とかそんな具合。

ウルピコ太郎ってー!笑と話題になってくれれば、それなぁに?と話を聞いた何処かの誰かが里親さんになってくれるかもしれない。

まずは、話題に出る事を考えて印象的な名前を!と思ってます。

次の理由に、もう今の時代ネット社会、みんなが携帯で調べる時代ですので、

調べた時に必ず上位に来やすい名前を狙ってます。

「うるピコ太郎 犬」で検索して見てください。あのピコ太郎先輩より上に来るんです。

昔の子だけど、「勢多 犬」で調べてみると、

未だに勢多(今はペタ)がすぐ出て来ませんか??

わたしの狙いはこれもあります。

検索した時に、皆さんが見つけやすいようにです。

ネットでも現実でも、たどり着いてくれてはじめて、お話が進むと思っています。

なので、なにがなんでも見つけてもらいやすいようにしてます。

早く幸せになりたいね!

 

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

”プティ・b”では「はぴねすDOGのサイトを見て」と来店頂く ご新規のお客様のご利用金額のうち5%を寄付頂いております。

関連記事

ピックアップ記事

  1. フリマのお知らせ!

お知らせ

登録されている記事はございません。