犬の里親募集~関西・大阪で幸せを待つ犬たちの記録

menu

はぴねすDOG

img_9669.jpeg

になりました!皆さんに心配してもらっていたジャック…

わたしも心配だったものの、すぐ近くでガン見しても休めないだろう。と思い少し離れてたんです。

ジャックのブログ(今夜がヤマのブログ)書く寸前に見た時にはお腹も動いてゆっくりと呼吸もしていたのですが、

ブログを更新し終わって、ジャックを見た時には呼吸も止まって動かなくなっていました。 

 
少し離れてたとはいえ、息使いも荒くならず泣いたり喚いたり暴れたりもしないまま 

そのままゆーっくりと亡くなっていました。

本当に最後まで手がかからない困らせない子でした。

たった数時間、半日にもならないけど、暖かくて柔らかいベッドで過ごしてもらえて良かったです…と思うしかないです。

  低体温の為、ヒーターでガンガンに温める。
レスキューしてからすぐに病院にも行ったのですが手の施しようもなく安楽死を提案されました。

それでも諦めきれなくて翌日に他の病院にも行ってみようと連れ帰った明け方にジャックが帰らぬワンコとなりました。

何も出来ずに「ジャックにごめん、辛いね、痛いのやだね。」としか言えなくて

口にしたのは水3口だけ。

もっと早くに出会えてれば、美味しい物少しは食べれたかもしれないのに。。
病気だからって捨てちゃいけない。

病気で弱ってく犬が可哀想で見てられないからとか、痛々しいとか

犬たちが一番辛いに決まってる。

引っ越し、子供がアレルギー、持病だから処分されるのも仕方ない。 

命に仕方ないも何もないです。

どうしてもやむを得なく手放すのであれば、その子にできる最大限の最後の愛情くらい示してあげても良いのではないでしょうか?

ジャックはお空の上でたくさんの友達と遊んで見守ってくれてると思います。

ジャックを応援したり気にかけてくださってた皆様ありがとうございます!

ジャックはお星様になった事と同時に幸せワンコになりました!

 

この記事をシェアする
  • なうで紹介
  • LINEで送る
  • この記事をメールする

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

何をしていいかもわからない、今の生活の中では何もできない。
それでも保護犬のために何かをしたいという方に、保護活動に参加頂けるのが1000円サポーター制度になります。是非 ご協力お願いします

”プティ・b”では「はぴねすDOGのサイトを見て」と来店頂く ご新規のお客様のご利用金額のうち5%を寄付頂いております。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. img_2480-1.jpg

    『梨奈が生きるために必要な物』

お知らせ

  1. img_6593-1.jpg

    フリマ&譲渡会のお知らせ!