犬の里親募集~関西・大阪で犬の保護活動を行うNPO法人 はぴねすDOG

menu

NPO法人 はぴねすDOG

僕…ジャム。

確か前は違う名前だったけど、今はジャム。

   
前はおばあちゃんと一緒に暮らしてたのに、おばあちゃんは僕を置いて動かなくなっちゃった。

おばあちゃん、散歩行こ?

おばあちゃん、ご飯まだ?

おばあちゃん、おばあちゃん??

僕が吠えても舐めても動かないおばあちゃん

なんで動かないの?おばあちゃん… 
おばあちゃんは連れて行かれちゃった、僕の届かない場所…行くことのできない場所…

あれからおばあちゃんとは会ってない。
それから僕は他の家族と暮らす事になった。

おばあちゃんと知り合いだったその人は僕を家に置いてくれたんだ。

でも、僕はその人達は知らないから

目が合うと怖くて唸っちゃって

手が伸びて来ると嫌で「あっち行って!」って噛んじゃった

僕はおばあちゃんしか知らなかったし、

なんか…怖かったの。。。
そしたら、捨てられちゃった。

『噛む子は飼えない。』んだって、

そうだ、僕噛んじゃったから…僕、噛む子なんだ。

噛む子だから、おばあちゃんも僕が嫌になったんだ。

捨てられた所で1年間も過ごしたよ。

おばあちゃんでも、おじさんでもいいからずっと待ってたのに、誰も迎えに来てくれなくて

ずっと待ってたら1年間経っちゃったんだ。

ずっと待ってたら知らない女がやってきた。
誰だろう?…また、怖い。。

僕はその女にもたくさん唸った。

怖かったし、触ろうとするから噛んだ。

噛む子は捨てられるかもしれない。ってわかってたけど、怖かったんだ。

噛んだり唸ったりする毎日だったけど、

だんだん触ってもらう事が気持ち良かったり、抱っこしてもらうと眠くなったり

触られるのも悪くないかな?って思ったんだ。

 そこから僕はたっくさん触ってほしくて、遊んで欲しくて、膝に乗せて欲しくて

甘えるんだ!

触られるのも怖くない。

抱っこも散歩から帰ったら足を拭かれるのも、シャンプーするのも、首輪つけるのも出来るようになった。

   
犬と仲良くしないといけないってのもわかった。

人にやっちゃいけないみたいに犬にも唸ったり噛んだりしちゃいけないんだって。

また捨てられるのは嫌だから、僕の家族を探してくれてるみたいだから…

僕はジャム

誰か、僕と暮らしてくれませんか??
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

 

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

”プティ・b”では「はぴねすDOGのサイトを見て」と来店頂く ご新規のお客様のご利用金額のうち5%を寄付頂いております。

関連記事

ピックアップ記事

登録されている記事はございません。

お知らせ

登録されている記事はございません。