犬の里親募集~関西・大阪で犬の保護活動を行うNPO法人 はぴねすDOG

menu

NPO法人 はぴねすDOG

皆さんなら、どうしますか??

記録的豪雨がやんで、

晴れ間が見えた日、

イトとウルピコ太郎と一緒に散歩へ行った時のこと…実際にあった話です。

前方に柴犬いるなー、でもそっちの方向とは違う公園に行くから、と私達の行く方向に向かっていると。。。

ハァハァ言いながらリードを付けたまま走って来る柴犬(・Д・)

リードを飼い主さんは持ってなくて(・Д・)(・Д・)

犬の名前を呼びながらこちらに走って来る(・Д・)OMG

柴犬が目掛けて走ってるのは、確実に私達の所…

頭の中をグルグル巡る算段。

算段内容ー柴犬止めなきゃ、柴犬がこれ以上逃げないように、柴犬が走って来る事でイトとウルピコ興奮し始め、その後の人が叫びながら走って来る事でウルピコがパニック、飼い主が柴犬を捕まえる時にイトが噛まないように、犬との接し方が上手いウルピコに任せよう、イトは背後に下げとこう、走ってる柴犬はそこまで攻撃的じゃ無さそう、勿論わたしは逃げない叫ばない。

↑と、頭フル回転。

そして、足が速い柴犬が私達の所に到着…ウルピコと匂い嗅ぎあってる、そうこうしてる間に飼い主到着、

私達の周りを大きく1周(ウルピコは人から逃げたいけど、ウルピコを追いかける柴犬とそれを追う飼い主の構図)してから、無事に捕獲。

 

 

 

 

 

 

犬が逃げたり、リードが離れたりすることは、完全なる人のミス…勿論無いようにしないといけない。

はぴねすではそういう事がないように、ダブルリードにしたり、子供にはリードを持たせないように、などなどの話はさせてもらっています。

でも、人もサイボーグじゃないんだから、そういうミスもあることもあります。

勿論、わたしだってうっかりしちゃった事は今までにもあります。

万が一、手から離れてしまった時のために、呼び戻しを教えたり、迷子札やマイクロチップをたくさん付けてもらってます。

ここまでは、ウルピコのええ仕事ぶり(匂いを嗅いで時間を稼ぐ)があり、無事に捕獲できて良かったです。

「リードしっかり持ちましょう」な会話で一件落着したのですが、、、

柴犬の飼い主さんも謝ってくれて、それぞれの帰路につこうとして、しばらく歩いてから、、

柴犬の飼い主さん、腹が立ったのか…

結構振りかぶって柴犬を蹴る!飼い主さん結構ガタイのいい男の方なのに。

横に吹っ飛ぶ柴犬…。

蹴ったのは、完全に教育的なタイミングじゃないし、私目からして、怯えてるように見える柴犬。

犬に対して腹が立つこともあるのも理解できる。わたしだってできない事たくさんある。

上手く出来ない事ばかりだし、何もかもパーフェクトな方じゃないと犬を飼っちゃいけないということはない。

ただ、リードを持ってなかった?踏んでたけどすり抜けた?な人のミスで思いっきり蹴られる犬が目の前にいる。

こういう時皆さんなら、どうしますか?

 

 

 

 

 

 

 

ドキドキした散歩だったけど、誰も怪我せず、柴犬もどっか行っちゃわず、まず安堵した散歩でした。

 

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

”プティ・b”では「はぴねすDOGのサイトを見て」と来店頂く ご新規のお客様のご利用金額のうち5%を寄付頂いております。

関連記事

お知らせ

登録されている記事はございません。