犬の里親募集~関西・大阪で犬の保護活動を行うNPO法人 はぴねすDOG

menu

NPO法人 はぴねすDOG

最近強く思う事

皆さん、告知見ました?!

5/1〜5/6 まで

東急ハンズ三宮店の6階

特設ブースにて、

[幸せ待ちわんちゃんお迎え会]を開催しますー!

今まで初の6日間、ぶっ通しイベント(*´ω`*)

出来るのか?わたし!

体力続くか?!

いや、やるっきゃない( ´∀`)

もし、わたしが、げっそりしてたらお店番や設営などのお手伝いしてくださいーー!

よりこ「あたちは行けないけど、皆さんは行ってあげてねー」

そして、ここからブラック間柴出て来ます。

見たくない、聞きたくない方は、スルーして下さい。

はぴねすは一般からのレスキューは基本的にはしないスタンスです。

某所に収容されてる子や、ブリーダー崩壊からの子、劣悪過ぎる環境の子を保護したいからです。

何故、一般からのレスキューをしないのか?

ー安易に飼った飼い主の尻拭いを、何故わたし達が大変な思い、費用を使ってしないと行けないのでしょう。

もちろん、その子達も可哀想な子(可哀想になる子)なので、どうにかしてあげたいとは思います。

ただ、飼い主がいる今は、保護団体にパス、保健所に持ち込み、などの楽をせずに、自分で信頼できる次の家族を何故探そうとしないんでしょう。

「迎えた時にはこんな事になると思ってなかった」飼育放棄したいと連絡ある方、ほぼ全員がいう言葉です。

事故や何かあったりすることもある。その時は健康だったのもわかる。

年齢的な事なら、迎える前に自分の年齢考えないかな。

例えば60歳の人が20年生きる犬を迎えたとして、80歳。

生きてる生きてないでは無くて、病気する事はないか?体力は落ちてないか?80歳になってからの犬の介護、出来ると思いますか?

伴侶の病気、その介護の可能性ありませんか?

お仕事出来なくなったとしたら、引っ越ししないといけない。犬飼えるところは家賃高めです。連れていけます?

わたしはまだ30代、年齢的には心配してませんが、何があるかわかりません。

今のうちから、何かあったら家の人に預かりははぴねすメンバーに。イトに関しては宮崎のカオさんに返させてもらいます。と連絡してます。

健康な時から万が一の時は、の事は考えとくべきだと思います。

1日に少なくても1件は「引き取って」や「あそこに可哀想な飼い方の犬がいるからどうにかしてあげて」とか、「ここにウロウロしてる犬いるから捕まえて」などの電話があります。

なんで自分でしないの?

もう既に頑張ってる人に、それ以上の大変さは押し付けないであげてほしい。もちろん、わたしも含めて。

見た人、見つけた人が、少しずつ行動しようよ。出来ないんじゃない、しないだけやで。

飼育放棄する人は、団体に電話さえすりゃなんとかしてくれる。と思ってるのがありありと伝わってくる。

保健所に連れてく。のワードを出せば、引き取ってくれると思ってる。

探す努力したという方も、具体的に聞いたら5人に声掛けただけ。とか、

それは努力と言わない。

可哀想な飼い方されてるから、どうにかして。って、ピンポン押して説得するの?それはあなたでも出来ますよ。

ウロウロしてる犬捕まえてって、今からわたしが向かうより、目の前にいるあなたがした方が早いよ。

アドバイスするから、捕獲して警察に連れてってください。と言うと、「家には連れ帰れない。」と言う。

警察に連れて行くの!警察収容にしてもらうんです。じゃないと元の飼い主さんが探せないでしょ。

上の事は、全てわたし以外の人にも出来る事。

もう、一歩踏み出せるかどうかの気持ちの問題なだけ。

自分が出来ないことを、わたしが断ったからといって、「冷たい、酷い」と言われる筋合いもないですし、言われたところで傷つきもしないです。

わたしもっと愛のあることしてるので。

日本のペット業界がレベル低いと言われるのは、個々の意識で底上げしていくしかない。

行政が変われば早い。その気持ちもわかる。

わたし達一市民の1つ1つの意識も上がっていけば、もっと変わると思います。

売れないペットショップは潰れる。

愛のないブリーダーは淘汰される。

お金に目がくらんでる犬関係の仕事を、犬に優しくない企業をわたし達が見抜く力を持たないといけない。

と、ここ最近フツフツと思ってます。

 

『はぴねすDOG』 公式facebookページ幸せ待ちわんこたちに本当の家族を得る機会を増やすために公式facebookページの『いいね』をクリックして頂き活動の応援をお願いします!!

里親さんご希望の方、サポートスタッフへの参加希望の方、支援物資をご提供頂ける方、お問合せフォームよりご連絡ください。

”プティ・b”では「はぴねすDOGのサイトを見て」と来店頂く ご新規のお客様のご利用金額のうち5%を寄付頂いております。

関連記事

ピックアップ記事

登録されている記事はございません。

お知らせ

登録されている記事はございません。